インスリン分泌の悪い人はガンや心臓、血管病から守られている

医療法人香里ヶ丘大谷ハートクリニック

072-853-0800

〒573-0084 大阪府枚方市香里ケ丘6丁目8番

診療時間 受付:午前9:00~12:30/午後16:00~18:30
休診:木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

インスリン分泌の悪い人はガンや心臓、血管病から守られている

院長ブログ

2019/07/24 インスリン分泌の悪い人はガンや心臓、血管病から守られている

インスリン抵抗性になると、膵臓のβ細胞からインスリン分泌が亢進して、高インスリン血症になります。

高インスリン血症は、ガンの発生や転移を促進します。インスリンはブドウ糖を代謝するだけのホルモンではなく、増殖ホルモンでもあるからです。特に酸化ストレスの存在下では、インスリンの作用は糖代謝から細胞増殖へとシフトします。

インスリンはmTORの活性化を介して細胞内に蓄積した有害物質や劣悪化したミトコンドリアの排除を妨げる働きもあります。すると細胞の老化が進み、アポトーシスで死滅する細胞が増えます。

インスリンを分解する酵素はアルツハイマー病の原因とされるアミロイドβを分解する酵素でもあります。インスリン分泌量が多いと、酵素がアミロイドβの分解に手が回らず、アルツハイマー病を引き起こす可能性があります。

概してインスリン分泌能が低い日本人は2型糖尿病になりやすい民族ですが、高インスリン血症による発ガンや狭心症、心筋梗塞、脳卒中などの心臓、血管病からは守られていることになります。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

医療法人香里ヶ丘大谷ハートクリニック

【住所】
〒573-0084
大阪府枚方市香里ケ丘6丁目8番

【電話番号】
072-853-0800

【営業時間】
午前9:00~12:30
午後16:00~18:30

【定休日】
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP