肝硬変や肝ガンに発展する脂肪肝

医療法人香里ヶ丘大谷ハートクリニック

072-853-0800

〒573-0084 大阪府枚方市香里ケ丘6丁目8番

診療時間 受付:午前9:00~12:30/午後16:00~18:30
休診:木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

肝硬変や肝ガンに発展する脂肪肝

院長ブログ

2019/11/26 肝硬変や肝ガンに発展する脂肪肝

脂肪肝はなぜ恐ろしいのでしょうか。飲酒が原因ではなく、肝細胞に中性脂肪が過剰に蓄積した状態の肝障害はNAFLD、さらに進行すると*非アルコール性脂肪肝炎 [Non-Alcoholic Steatohepatitis (NASH; ナッシュ)]と呼ばれています。

わが国では約一千万人のNAFLD患者さんがいて、その一○%NASHであると推定されています。わが国のNASH症例のほとんどは内臓肥満を伴い、五○%前後は脂質異常症や高血圧を合併し、糖尿病の合併も三○%を超え、NASHの五○%以上はメタボリックシンドロームを合併していると言われています。脂肪肝が肝臓での生活習慣病の表現形といわれる所以です。事実、糖尿病患者さんはNAFLDを合併することが多く、放置するとNASHから肝硬変や肝臓ガンに進展して死亡することも稀ではありません。脂肪肝が恐ろしいのは、まったく無症状でNASH、肝硬変、肝臓ガンへと進行していくところです。

NASHでは酸化ストレスを受けた肝細胞がアポトーシスやネクローシスによって持続的に死んでいます。肝細胞は高い再生能力を持っています。しかし、肝細胞の再生が死滅に追い付かなくなった時、肝臓は線維化組織で置き換えられ、肝硬変となります。また、過剰な肝細胞の再生はやがて秩序ある細胞増殖を維持する機能を破壊し、肝細胞ガンの発生を許すことにもなってしまいます。このように、脂肪肝は「静かなる時限爆弾」としてゆっくりと破局への時を刻んでいるのです。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

医療法人香里ヶ丘大谷ハートクリニック

【住所】
〒573-0084
大阪府枚方市香里ケ丘6丁目8番

【電話番号】
072-853-0800

【営業時間】
午前9:00~12:30
午後16:00~18:30

【定休日】
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP