フレンチパラドックスと赤ワイン

医療法人香里ヶ丘大谷ハートクリニック

072-853-0800

〒573-0084 大阪府枚方市香里ケ丘6丁目8番

診療時間 受付:午前9:00~12:30/午後16:00~18:30
休診:木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

フレンチパラドックスと赤ワイン

院長ブログ

2020/03/31 フレンチパラドックスと赤ワイン

以前よりフランスでは他の欧米諸国と比較して脂肪摂取量が少なくないにもかかわらず冠動脈疾患による死亡率が低いことが知られていました。一九九二年フランスボルドー大学セルジュ・レヌー博士は、赤ワインに豊富に含まれる「ポリフェノール」が動脈硬化を防ぐことに着目し、フランス人に心臓病の死亡率が低い理由は、フランス人が赤ワインを多飲するためであるという説を発表しました。その理論は世界保健機関 WHO)などによって「フレンチパラドックス(フランスの逆説)」と命名され、一九九○年代初頭、世界的に広まりました。その後、欧米諸国では赤ワインブームとなり、ブドウの相場が跳ね上がるまでになりました。「フレンチパラドックス」がWHOのお墨付きを得たとはいえ、赤ワインにどれほどの抗動脈硬化作用があるのか定かではありません。「赤ワインを多飲する結果、狭心症、心筋梗塞や脳卒中で亡くなる人が減少したのは、狭心症、心筋梗塞や脳卒中を発症する前に多くの方がアルコール性肝障害で亡くなったからである」と皮肉る研究者もいるくらいです。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

医療法人香里ヶ丘大谷ハートクリニック

【住所】
〒573-0084
大阪府枚方市香里ケ丘6丁目8番

【電話番号】
072-853-0800

【営業時間】
午前9:00~12:30
午後16:00~18:30

【定休日】
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP